2019年11月1日

株式会社ジェネストリーム



ベネフィット・ワンが提供する「スマート福利厚生 Powered by Benefit Station」に、安否確認bot for LINE WORKSを提供開始

▼リリース概要

LINEシリーズに特化したWEBソリューションを提供する株式会社ジェネストリーム(本社:東京都世田谷区、代表取締役:秋貞雄大、以下「弊社」)は2019年11月1日より、LINE WORKS導入企業向け従業員安否確認ソリューション「安否確認bot for LINE WORKS」(以下、本サービス)を、株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役:白石 徳生、以下「ベネフィット・ワン」)が提供し、ソフトバンク株式会社が独占販売する「スマート福利厚生 Powered by Benefit Station」(以下「スマート福利厚生」)に提供開始したことをご報告いたします。

 

▼スマート福利厚生とは

総合福利厚生サービスである「Benefit Station」に様々なサービスをプラスすることで、近年深刻化する人材の確保や定着などの課題を解決するサービスです。

[サービスサイト]

https://www.softbank.jp/biz/other/smart_fukuri/

 

▼安否確認bot for LINE WORKSの概要

本サービスは、LINE WORKS導企業様専用の従業員安否確認ソリューションです。データ通信網を利用しているため、災害発生時でも安定したコミュニケーションで、適切な状況把握と指示を行うことが可能です。
また気象庁の災害データを自動的に取得し、LINE WORKS従業員の勤務地情報とマッチングすることで、災害が発生したエリアにいる従業員にのみ安否確認を送ることが可能になります。
従業員が安否確認で回答する際は、LINE WORKS内に安否確認botが作成するチャットルーム内で、botがしてくる質問にボタンで回答するだけです。webサイトへのアクセスもログインも名前の入力も不要なので、災害時でも高い回答率を得ることが可能です。

[本サービスホームページ]

https://ampi.biz/

 

▼スマート福利厚生のプランと料金

スマート福利厚生は、ベーシックプランとセレクトプランの2つのプランが用意されています。

[プランと月額料金]

1. ベーシックプラン 850円/ID(税抜)
2. セレクトプラン 380/ID(税抜)

[各プラン概要]

ベーシックプランは、月額850円でご利用いただける総合福利厚生パッケージです。ベーシックプランでご利用いただけるサービスは、福利厚生会員サービス「ベネフィット・ステーション」、人材採用支援ツール「engage」、要約されたビジネス書を閲覧できる「flier」、専門家へのご相談窓口「専門家ProFile」、ビジネス版LINEとして、セキュリティや管理機能が充実した「LINE WORKS」、雑誌14冊が読み放題「ビューン@ for 福利厚生」、LINE WORKS上で回答・結果確認可能な安否確認bot「安否確認bot for LINE WORKS」の7つのサービスとなります。

セレクトプランは、月額380円でご利用いただけるお得な福利厚生パッケージです。

セレクトプランには以下2種類ございます。
・セレクトプラン(A):福利厚生会員サービス「ベネフィット・ステーション」、人材採用支援ツール「engage」、要約されたビジネス書を閲覧できる「flier」
・セレクトプラン(B):福利厚生会員サービス「ベネフィット・ステーション」、人材採用支援ツール「engage」、専門家へのご相談窓口「専門家ProFile」

 

▼株式会社ジェネストリーム会社概要

会社名    :株式会社ジェネストリーム
代表者名   :代表取締役 秋貞雄大
資本金     :5,600万円
設立     :2012年3月1日
所在地    :東京都世田谷区下馬2−10−5
URL     :http://genestream.co.jp/
事業者内容  :LINE WORKS連携ソリューションの開発・運営、PR・新規事業コンサルティング業務

 

▼本リリースに関するお問い合わせ先

メールアドレス:info@genestream.co.jp
担当者    :秋貞